再現性と言語化が成功の鍵

先日、Youtubeで学習した内容を忘れないように記載したいと思います。
Youtubeでえは、成功を手にするためには、「再現性を言語化する」ことが必要であるとのことでした。

成功するために最も避けなければならないのは「なんとなくうまくいった」という状態です。
僕の事業を振り返ると、いくつかは「なんとなくうまくいった」という物事が多く、もう一度やったら成功するかどうかわからないものが多いです。
それではいけないんですね・・・。
今手掛けている事業がなかなかうまくいかないのも、成功するためのロジックが明確になっておらず、ただやみくもに突き進んでいるからなのではないでしょうか。
そんな状態を払しょくしてくれる方法が「再現性の言語化」だと思います。

「再現性の言語化」とは、
・なぜうまくいったのか
・なぜ失敗したのか
を深く試行し、言語化することだと解釈しました。

仕事をしている以上、少なからず成功理由や失敗理由を考えることはしますが、その深さはどうかと聞かれると浅かったのではないかと思います。さらに言語化にいたっては全く行ってはいませんでした。
これではダメですよね。本当にそうお思います。

この点を大きく反省し、具体的に行動していく必要があります。そこで、次の方法を実践してみようと思います。

①達成するべき目標を決める
②短期間集中していろいろと実行してみる
③データを取り、「なぜうまくいった」のか、または「なぜうまくいかなかったのか」を思考する
④データや思考した結果を言語化する
⑤②に戻る

特に④の言語化をきっちりと実行しようと思います。僕は文章を書くのがとても苦手で、最初は苦戦すると思いますが、必ずできるようにあると信じて頑張ろうと思います!









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です