高山の朝市

飛騨高山の名所として古い町並みについで有名なのが「朝市」です。
高山の城下町には2か所の朝市があり、1つ目が「陣屋前朝市」、2つ目が「宮川朝市」です。

どちらの朝市もお母さんたちをはじめとした地元の方々が出店しています。年中無休で朝7時(冬期は8時)~12時30分くらいまでやっています。ぜひ高山にお越しの際はお立ち寄りください。

高山の朝市の歴史は古く、江戸時代に始まり、令和になった現代でも、新しいものと融合しながら脈々と続いています。雨の日も雪の日も、お店を出される方々の日々の積み重ねが、世代を超えて「伝統」と呼ばれるものに昇華すると考えると、とても感慨深いものがあります。
僕たちの今日一日が積み重なって、高山の伝統を作っていると考えると、もっとしっかりしないと!という気持ちがこみ上げてきます。

僕のお店は、宮川朝市の方にあります。宮川朝市は、宮川沿いのまっすぐな道路に、片面が朝市、片面が商店街というちょっと変わった通りになっています。
歴史的には、朝市の発展に合わせて、商店街側にお店が集まってきたと聞いています。
僕のお店も集まってきたお店の一つです。
朝市の方々作ってきた歴史にお邪魔させていただいているという謙虚な気持ちでこれからもお店を運営していきたいと思います。

まだまだ厳しい日々が続きますが、皆様お体にお気を付けください。そして、終息後は是非、飛騨高山にお越しください。皆様のお越しを心よりお待ちしております!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です